プロバイダ(biglobe)のメンテナンスでページが表示が壊されてしまいました。biglobeによれば、これ以上は修復できないそうです(2019年7月30日)
 

影響って effect?influence? impact?

影響っていうとすぐに「effect」が頭に浮かびます。「influence」もかな。よく使うのは「impact」の気もします。さて、それぞれどう違うのでしょう。

effectのefは「ex」などと同じ「外へ」の意味です。fectはfictionやfactoryのfic/facと同じで「為す」「作る」。「作られて外に出てくる」感じの「結果」「効果」という意味です。「原因(in)に対して出てくる効果」という感じの「影響」です。
dangerous effect of nicotine (on) (ニコチンの悪影響)
画像


influenceのinは「中へ」。fluは「流れる」。「中へ流れる」ということなので、「じわじわ効く」感じの「影響」です。じわじわ続く、ものの性質や人の思想への「影響」で、間接的な感じの影響です。
the unions' influence over local politics (労働組合の地方政治への影響)
画像


impactのimは「上から」。pactは「固く締める」。だからimpactは「直接的に上からのしかかる」ような「影響」です。
impact of ~on financial conditions (~が財政状況に与える影響)
imが「上から」の感じがあるので、影響を与える先を示す語のの前の前置詞としてはonの相性がいいです。
画像


こうして考えると違いが理解できます。

すずきひろし

こういうのをたくさん載せてます↓:イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK (清水建二・すずきひろし 共著)






↓語源の本の紹介ページに飛びます↓
画像


Amazonで買える本
↓類語をコーパス(使用頻度分析)の見方で比較しています。↓
よく理解できます。
コーパス英語類語使い分け200



ほんとはこれがおすすめなんです
分かりやすいpdfファイルです。
↓語の違いを、語源に基づいて図解しています。↓
ぴくとりある~絵で知る英語のこころ~語源探訪編
↓語源がリストになって、図解されています↓
ぴくとりある~絵で知る英語のこころ~語源探訪編

おかげさまで3年間、販売元の「でじたる書房」さんでロングセラー上位にいます。

****お知らせ****

「英語耳」の松澤喜好先生と、Gogengoの角掛拓未さんとすずきひろしの語源好き三人が集まって「語源の広場」を始めました。下のイラストをクリックしてみてください。
画像
英語の語源を様々な視点で学べるようなコンテンツが用意された、学習者のための広場です
*************
神奈川県内のカルチャーセンターで講座を持っています(相模大野、厚木)。
詳しくはホームページをご覧ください。

この記事へのコメント