プロバイダ(biglobe)のメンテナンスでページが表示が壊されてしまいました。biglobeによれば、これ以上は修復できないそうです(2019年7月30日)
 

secureの意味 分ければ分かる

secureということばを英和辞典で調べると
【形】安全な、安全にする、確実な、信頼できる、不安のない、安定した
【他動-1】確保する、手に入れる
【他動-2】~に固定する、締め付ける
【他動-3】請け合う、保証する、引き受ける
【他動-4】保護する、守る


たくさん意味があるように見えます。

secureのこころに踏む込むために、secureを分解してみます。secure

cureはcareのことで、「心配」「心を配る」。
cure: 治療する、癒す
manicure: mani(手)がついて、「手の手入れ」。 maniはmanual(手作業)のmanですね。
pedicure: ped (足)がつくと、「足の手入れ」。pedは足で踏むpedal(ペダル)のped。
accurate: acは最近の記事のaddのadと同じで「に向かって」。「そこに向かって気を配る」って感じでしょう。
curious: ousは「それがたくさんある」っていう形容詞を作る接尾辞。たくさん心を配る→好奇心の強い
procure: 「何かのために気を配っておく」ということから「手に入れる、調達する」

seは、「離れて」ということです。
画像

separate: partは"pair"とか"compare"のpar(pair)と同じで「並べる」。「離れて置く」→「分離する」
secret: cretはcriticalのcritで「分ける」。「離して分ける」→「秘密」
secretary: 「秘密を扱う」→「秘書(官)」

ちうことで、secureは「心配から離れていること」なんです。
ならば、「安全な、確実な、信頼できる、安定した」や「確保する」、「固定する」「保証する、引き受ける」、「保護する、守る」という意味が全部se+cureの意味でつながります。

secure a room 「部屋を確保する」などと言います。部屋が確保されれば安心です。
security guard(警備員)は、「心配から離れている状態を守っている」っていうことですね。

secureのこころが見えて、しっかり記憶にsecureされました。

すずきひろし



↓語源の本の紹介ページに飛びます↓
画像

****お知らせ****

「英語耳」の松澤喜好先生と、Gogengoの角掛拓未さんとすずきひろしの語源好き三人が集まって「語源の広場」を始めました。下のイラストをクリックしてみてください。
画像
英語の語源を様々な視点で学べるようなコンテンツが用意された、学習者のための広場です
*************
神奈川県内のカルチャーセンターで講座を持っています(相模大野、厚木)。
詳しくはホームページをご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント