日本語と英語をつなぐ

アクセスカウンタ

すずきひろしの おとなのための英語塾 入塾お早めに

zoom RSS なぜ「英語」と言わず「英会話」と言うのだろう

<<   作成日時 : 2012/01/29 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

世の中ではなぜ「英語」と言わずに「英会話」ということが多いのでしょうか。 たぶん、いろいろな見方があるのだと思います。
1.英語がいちおうできる。 しかしそれは「読み書き」に限定された能力であり、学校で習わなかった「聴く」「話す」の能力が欠落している。だからその力をつける必要がある” と思っている。
2.重要なのは「聴く」「話す」といった「会話」であり、「読み書き」は二の次である、と思っている。
3.学校で習うこむずかしい英語ではなく、日常の会話を学ぶことが必要であると思っている。
4.「英会話」の「会話」は、「話す聴く」のことを言っているのではなく、「コミュニケーション」のことを言っている。

1-3の考えの人が多いのではないかと思います。

中高6年勉強しても挨拶すらできない・・という話をききますが、「あいさつできる」ことを「英会話」だと思っているなら間違いです。それは「英挨拶」です。英挨拶ができるようになりたいなら、1-2時間決まり文句を覚えたら完了ではないでしょうか。

学校での学習は、中学の学習指導要領にあるように「生涯にわたり学習が培われることにより、基礎的な知識および技能を習得すること」です。 社会に出て、いろいろな方面に行く人がいるだろうから、どこへ行っても共通して使える基盤を習得するのが学校での学習の目標です。 挨拶を覚えるのが学校の教育のゴールではありません。
日常会話を覚えるにしても、学校で習う英語の基礎なくしては成し得ません。


会話は英語でconversation。分解すると、conは「共に」verseは「回す、向きを変える」です。 「感覚や考えや情報を交換する」ってことでしょう。 Genius英和辞典の解説にこんなことが書いてあります:
「英会話が得意である」は単に「英語をうまくしゃべる」意に用いるのでbe good at speaking Englishという。be good at English conversation では「会話術・会話のかけ引きにすぐれている」の意。

確かに「会話がうまい」というのは「会話を途切れさせない」とか「会話を成り立たせる=伝達をうまくできる」ということですよね。「回話」っていう字を当てた方がいいかもしれません。 会話の「話」の方も、「発声」のことでなく、「言語を通じたやりとり」のことですね。結局、双方向のコミュニケーション能力ってことですか。 上で言う4番ということです。つまり、英会話とは「英語の基礎知識を基にした、実践的な英語でのコミュニケーション能力」ということでしょう。 会話を成り立たせるには、文化背景とか日英間の思考の違いとか論理力とか、そういうことの知識や、さらに臆することなく発言する度胸というものも必要ということになります。 まさに、最初の方の記事に書いた「KKDFRW」です。
K: 勘 (多く触れて感覚を磨く)
K: 経験 (読んで聴いて調べて蓄積する)
D: 度胸 (場数を踏んで度胸をつける)
F: 雰囲気 (慣習、論理思考法を知る)
R: ルール[文法] (低迷の原因はここ。基本から学ぶ)
W: 割り切り(悩まずに発信する、行動する)
http://je.at.webry.info/201110/article_5.html


「英会話」というと、「街の英会話学校のNative speakerとの楽しいおしゃべり」という感じがして私は嫌いでしたが、こうして考えると、英語と言わず英会話と呼ぶというのは、案外深いことのように感じられてきます。
ちょっと考えを改めました。

すずきひろし
****お知らせ****

「英語耳」の松澤喜好先生と、Gogengoの角掛拓未さんとすずきひろしの語源好き三人が集まって「語源の広場」を始めました。 下のイラストをクリックしてみてください。
画像

英語の語源を様々な視点で学べるようなコンテンツが用意された、学習者のための広場です。
*************

神奈川県内のカルチャーセンターで講座を持っています(相模大野、厚木)。詳しくはホームページをご覧ください。初歩から音読・読書、ビジネスまでいろいろあります。
画像


一般書籍 販売中!
イメージと語源でよくわかる 似ている英単語使い分けBOOK
イメージでつかむ 似ている英語使い分けBOOK
(清水建二・すずきひろし)
 

↓pdf形式の電子書籍です。
DLmarket 語学
クレジットカードの他、楽天ID決済やコンビニ決済、
電子マネー決済、銀行振り込みなどが可能です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ぴくとりある-絵で知る英語のこころ-語源編(L)
 すずきひろし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イラストで広がる英語の世界 語源・類語編
 すずきひろし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
イラストで広がる英語の世界 前置詞編
 すずきひろし & ミツイ直子


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 お役に立てているのかなあ。下にある気持ち玉も押してみて。

テーマ

関連テーマ 一覧

すずきひろしの おとなのための英語塾 入塾お早めに

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
英会話を身につけるには
◇英会話教室は有効でしょうか?◇英会話を習得するために、英会話教室に通う人も多いでしょう。もちろん悪いことではありません。実際のネイティブと接する機会を持てることは、非常に有効なことです。ただ、英会話学校でネイティブと会話できる時間は非常に限られていて、週に1〜3時間程度の会話では、とても英語を習得することはできないでしょう。しかも、英会話教室では、ひたすら聞き取る訓練を行うわけでもなく、かといって、ひたすらスピーキングを行うわけでもありません。また、グループで受講する場合は.. ...続きを見る
英会話独学のヒント
2012/01/29 23:01
英語の発音をどこまで気にするか
◇英語の発音は再現できない?◇世界でも最も英語の発音が苦手とされる日本人。それは日本語の音には無い音が、英語には多く使われているためですね。私たちは、日本語にはない発音も、日本語で使っている発音に引き寄せて聞き取ってしまいますし、同時に自分で発音するときも、日本語の音に置き換えて発音してしまいます。この習慣から逃れるのは簡単なことではありません。たとえば、英語では発音されていない母音を大量に追加して発音してしまうという癖があります。英語のカタカナ化です。batがbattoにな.. ...続きを見る
英会話独学のヒント
2012/01/30 23:36

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

コメントはFacebookでも 

リンク


画像

Copyright © 日本語と英語をつなぐ すずきひろし All Rights Reserved.
なぜ「英語」と言わず「英会話」と言うのだろう 日本語と英語をつなぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる